スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

04月01日(エイプリルフールネタ) 



[埼玉1日]編集部にとんでもない情報が舞い込んだ。日本の最後の秘境として名高い埼玉県に、何とあのエルフが実在したというのだ。決定的な証拠となる写真は、エルフ研究の第一人者であり現在は埼玉県でエルフを探し続けているというエルフスキー・クールナイツ博士から送られてきたものだ。

「まさか写真に収める事ができるとは、自分の幸運に感謝したいです」
興奮冷めやらぬ様子のメッセージと共に届いた写真には、紛れもなくエルフと思われるような気がしないでもない女性の姿らしきものが映し出されていた。これこそエルフが実在するという決定的な証拠だとクールナイツ博士は言う。

「私は長年エルフの実在を唱え続けてきましたが、彼女達はムチャでうぶでヤワで常にシャイなので中々姿を見せてくれません。友人知人親兄弟からは頼むから早く病院で脳の検査をしてくれと涙ながらに訴えられましたが、これで私の正しさが証明されたと思います」
博士はこの写真を手に、エルフの素晴らしさを世間に説いて行きたいという。

「エルフっ娘こそは真理であり万物の始祖でありエレクチオンの源なのです。男のエルフ?そんなのいねーよ」

まるで子供のような無邪気な目をしながら熱っぽく語る博士は、これからもこの埼玉で調査を続けていくという。更なる詳細がわかり次第知らせて頂くと約束して頂いたので、編集部はこれからも博士とはほどほどの距離を保ちながら、新たなる展開に期待していきたい。


[ 2009/04/01 10:58 ] ネタ・イベント | トラックバック(-) | CM(1)

 


描いた以上は責任を持たねばならない。
ご馳走というには少々少ない気もしますが、むしろこれでご馳走と言ってくれる彼女に萌えるんだ!
カンパーイ!

僕「ごめんね、出来合いのモノで……」
エルフ娘「いいんだよー。二人で食べれば何でも美味しいよ!」
僕「ありがとう……デザートにケーキもあるからね」
エルフ娘「ウフフ、デザートはそれじゃないでしょ……」
僕「え。どういうこと?」
エルフ娘「もう、言わせるつもりっ///」

まあ、アレです。僕に幸あれorz

21:45 追記・デザート
nikki082.jpg
え、一個しかない? 二個も食うのしんどい 正直色々しんどい ていうか死にたい
僕は甘いのそんなに好きじゃないんで、彼女の分だけでいいんですよ^^
ていうか、

        *'``・* 。
        |     `*。
       ,。∩      *    もうどうにでもな~れ
      + (´・ω・`) *。+゚
      `*。 ヽ、  つ *゚*
       `・+。*・' ゚⊃ +゚
       ☆   ∪~ 。*゚
        `・+。*・ ゚


[ 1980/01/01 00:00 ] ネタ・イベント | トラックバック(-) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。